小学6年生からの中学受験までの道のり

小学校6年生から本格的な中学受験の準備をはじめた男の子の母が綴る日々の雑感と中学受験への道のり。2018年の1月が受験日です

中学入試第一志望の結果と次の受験への準備

2018年1月2月と中学受験を経験しているお受験ママ・遠藤美華です。

 

1月14日(日)大阪での第一志望校の受験が終了。昨日17日が合格発表でした。発表と同時にパソコンの前に座り、ドキドキしながら母と子で受験番号を入れてクリック。ページが更新されると、残念な結果でした。

 

試験当日は「理科以外はできた!」といい顔ででてきましたし、自信満々だったのものあり、結果を目にした時には、本当に残念そうでした。

 

 

私の分析では、おそらく問題が易しかったのではないかと思っています。受験生はみんな高得点が取れて、ほぼ横並びだったのではないかと推測します。わずかな点差で、合格・不合格が決まったのではないかな、と。この場合、ケアレスミスや問題の読み間違いが、致命傷になります。ちなみに、うちの受験枠の「寮生」の合格率は5倍強でした。

 

うちの小6男児は、偏差値から実力にあった学校を選んだのではなく、本人が行きたい学校を選び、受験校を選んでいます。

 

 

9月から塾に通い、自宅でも必死に勉強をしたこの4ヶ月間。うちの小6男児の頑張りを思い出すと、親としてはどうしても合格させてやりたかった。他の受験生と比べれば、5年生から塾に行ったり、もっと丁寧に勉強していたのはわかるし、量から言えば、当然といえば当然かもしれないけれど。でもうちの小6男児の4ヶ月の短い頑張りだって、誰にも引けを取らない頑張りだったと思うから。

 

今の完成度ではケアレスミスをしてしまうような実力しかないんだろうけど、やっぱり親としては結果に結びつけてあげたかった。私も悔しかったし、本人はもっと悔しかったろうと思います。本当に行きたかった学校だと思うから。悔しさが大きいのは、頑張った証拠だと思っています。

 

発表後の昨日の様子を正直に言うと、母と子で放心状態でした。こればっかりは、仕方がないものかな、と思っていました。私は子育ての先輩や聞いてくれる友達にメッセージをしたりして、励まして支えてもらいました。そしてなんとか立て直し。母が立ち直らないと、子供はぜったいに立ち直れないからいち早く立ち直りたかった。

 

本人は、塾に不合格の報告をした電話で塾の担任と話した時に、すーっと涙が頬をつたっていました。そのあとは部屋にこもって、ずっと本を読んだり、たまっていた冬休みの宿題を終えた様子でした。

 

午後は母と子でなんとか、次の2月1日の入試にむけて、学習計画を立てました。

 

 

 

昨日は、時に私が部屋に覗きに行くと、いろいろしゃべってくれました。

 

小6男児語録を少々ご紹介しますね。

「何が悪かったんだろうね」

「テストはできたから、絶対いける!と思ったのに」

「僕はテストより、面接がダメだったと思う」

 

今更ながら、我が子の自己肯定感が高さが面白い。良い子に育ったものです(爆)

きっと本当に、自分なりにテストの出来は、かなりよかったのだと思う。私の見解では、僅差での勝負で大切な小さなミスが、連続してたんだろうなと、想像しています。

 

 

f:id:endomika:20180118204142j:plain

 

昨日は、私も息子も、受験からの開放感を味わいたい気持ちと次の受験へむけての葛藤の中にいました。

 

「無理して次は受けなくてもいいんだよ!」と私も声をかけていますが、今の所、次の受験は決めている様子です。

 

第一志望校の不合格一報から翌日の今日は、私も心機一転。息子の様子を見ながら、まだ解いていなかった次の受験校の過去問題を解いて、今の実力に足りない部分をチェックしました。これをもとに、残り2週間の勉強計画を見直していきます。

 

今はまだ冬休みなので、時間もとれますから(札幌は、来週の月曜日が始業式です)

 

 

今日からの取り組みで、これまでと違う試みは、解いた問題は自分で丸つけをして、どこが間違ったのかを自分でチェックすること。

今日まで、自分の間違ったことを受け止められない様子で、実は自己採点をすべて私に丸投げしてきた息子です。この2週間は、そこを課題とすることしました。ケアレスミスをなくすために。自分がなぜ間違うのか、傾向をつかんでほしいと思っています。

 

受験対策塾も、本日から再開しました。首都圏の最難関校を受験するメンバーに混じって、中堅校を目指す首都圏メンバーとして、その緊張した空気に触れながら、2月の入試を迎えます。

 

中学入試の第一志望受験日の前日「いつもと同じで」

2018年中学受験の小学6年の息子を抱えているお受験ママの遠藤美華です。

明日14日は、第一志望校の入試日当日。本命の学校は、大阪の学校なので昨日12日は札幌からの移動日でした。

 

新千歳空港のお昼前の飛行機で関西入りしました。大阪初日の晩は、親御さんのお仕事の関係で、一緒に受験をするお子さん(幼稚園から仲良くしている友達)をお預かりしました。夕方、宿泊場所の近隣の焼き鳥屋(一番近い飲食店だったの!!)で夕飯を済ませて、子供たちはそれぞれ学習タイムへ突入。23時には就寝しました。

 

 

受験勝利のゲン担ぎ「トンカツ」「キットカット

今日は前日です。朝起きて、朝8時半から学習タイム。お昼にお預かりしていたお子さんのお母様が到着したので、「明日ね!」と朝乗る電車を確認して、「トンカツ」メニューで一緒に昼ごはんを食べてきました。

 

札幌を出る前日は、クラスの友達のお母さんが励ましに来てくれました。息子には「キットカット」のチョコ菓子、私には「キレートレモン」にメッセージを書いて届けてくれました。心遣いがとっても嬉しかった。

 

中学受験対策塾からは、お守りと合格鉛筆をいただきました。先生達からのメッセージのプリントも。

 

 もらってうれしい受験応援グッズ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ネスレ キットカット ミニ 紅白パック 12入 (受験/合格祈願)*.
価格:3369円(税込、送料別) (2018/1/13時点)


 


 

 

子育ての先輩からもエールをいただきました。

「縁のある学校に行けるから、大丈夫よ!」

「本人が一番不安だから、母親はデンと構えててあげて!」

「思い切りやってこい!落ちてもともとや〜!と、私は息子に言いました」

 

まだ北海道で珍しい中学受験なので、息子のことを幼い頃から知っている方からも「応援しているから!」「合格を祈っています」など方々からメッセージをいただきました。

 

f:id:endomika:20180113172153j:plain

本人じゃないのに、母の私が涙が出そうになる(笑)

 

小学6年の9月から塾に行き始めたうちの小6男児。彼が生きてきた中で最も勉強をした4ヶ月間。平日は3時間、休みの日は7〜8時間の勉強をしてきましたから。自然と私の思いも深くなります。

(塾には、もっと早く行かせてあげればよかった、というのはやっぱりある)

 

 

入試前日「お母さん!いつもと同じでいてね」

前受けの学校の受験の時は、全く緊張していなかったうちの小6男児も、本命中学の受験となると様子が違います。

 

さきほどお昼ご飯から宿泊先の部屋に戻って学習を開始したうちの小6男児。「お母さん、いつもと同じでいて欲しいから、パソコン開いてブログ書いてて!」といわれました。このところ一緒に勉強し続けていたので更新できなかったブログを書くことにしました。

 

 

息子にとっては、私は「いつもブログ書いている」イメージなんですね(笑)

 

今日の本命受験日前、うちの小6男児の語録をすこし紹介します。

 

「緊張してきた」

「ここまで勉強してきたんだもん。受かりたいよ。やっぱり行きたいよ。」

「寮生は何人受験するのか調べられない?」

「どんな人が受験するのかな」

「みんなどれくらい勉強している人が来ているのかな」

 

そうだよね!そうだよね!
色々考えるのは仕方がないよ。

せめて母の私は、心を落ち着けて、どんと構えて!と言い聞かせています。

 

 

今日は午前は算数で同レベル校の入試問題。午後は社会・理科の暗記物に取り組んでいます。

  

 

明日は近畿北部で、大雪の予想と聞いています。学校から「入試案内で2つ以上の交通機関をチェックしておいてください」とメールが来ていました。これからチェックして明日を迎えます。

 

小学6年生の9月に塾に行くまで〜中堅校の中学受験事情

2018年1月2月に中学受験を控えた男の子のママ・遠藤美華です。

 

幼稚園から小6の8月までは、公文にいっていました。その他に5年生から受験を意識して通信教育のZ会の教材を進めていました。

 

そして中学受験対策の塾に通い始めたのが、小6の9月。7月下旬の8日間の夏期講習会がスタートでした。そして現在の入試直前期に至ります。

 

 

中学受験を意識して最初に選んだ教材は?

小5の初めくらいから受験は意識していました。何を教材にしようかと考えて、最初は通信教育のZ会を選びました。志願している学校が難関校ではなく中堅校ですので、「普通コース」と「中学受験コース」のどちらを選ぶか迷っていました。

 

そこでZ会の電話相談を利用しました。こちらからウチの小6男児が志望する受験校を伝えて「普通コース」と「受験コース」のどちらを選んだらいいのか、と相談してみると、「普通コースに+αで参考書を用いれば」と、プラスアルファの参考書まで提案されたので、普通コースを選ぶことにしました。「難しくない中学校を受験するんだ」と、ゆったりと構えていたのです。

 

 

でもこれが今思えば、全く中学受験には間に合わないコースでした(笑)だって、小学校の卒業に合わせて組まれているカリキュラムですから、小6までの全てを網羅している1月2月の中学入試には、全く間に合わない。

 

 

難関中学の入試情報はあるけれど、中堅中学の情報は少ない

当然と言えば当然です。どうして普通コースが入試に間に合わないことに気がつかなかったのか。(笑)でも仕方がなかったのかもしれません。我が家にとっては、初めての中学受験ですし、母親の私には、中学受験の全貌はまだ見えていなかったから。この時点で母として意見を持って「受験コース」は選ぶことはできませんでした。なので、その時はアドバイスを鵜呑みにするしかありませんでした。

 

最難関校・難関校ではなく中堅校だとしても、中学受験のためには、最低でも6年の秋までには6年生までの学習全般を一度は終わらせておかないと間に合わないのです。それに気がついたのは、6年の夏休みでした(笑)

 

 

最難関校や難関校は、志願者も多いので分母が多い。だから、情報はたくさん塾でも持っていますし、ネットで情報もでています。でもうちの小6男児が受験するような中堅校の情報は、難関校に比べれば受験者も少ないし分母がもともと少ないから、情報が圧倒的に少ないのです。

 

 

もう一度、中学受験をするならば、小5から受験対策塾へ

受験対策塾に通わせるようになったのは9月。そこから、本格的な中学受験の学習体制に入ったということになります。

 

f:id:endomika:20180103214009j:plain

 私にもしもう一人子どもがいて、難関校ではなく中堅校の中学受験を考えるなら、塾の5年生のスタート時点(4年生の終わりの2月頃)から今通っている受験対策塾に入れます。6年生の9月から塾に行き始めたこの4ヶ月を思えば、もっと余裕を持って全範囲を網羅できるはず、と思うからです。通信教育なら「受験コース」を選びます。

 

うちの小6男児は、9月から受験対策塾に行きはじめて、塾の講義で演習を進めながら4教科の3ヶ月で全範囲を一通り終了しました。そこから、もう一度、塾に通いながら入試直前対策の問題に取り組みながら、自宅学習では親子で全範囲の総ざらいに取り組んでいます。1月4日の時点で未だに2回目に取り組んでいる真っ只中です(汗)

 

 

入試直前期の今「あと10点上乗せしようね!」が合言葉


9月から冬休みに入るまでは、1日3時間の勉強は欠かさずやってきました。主に塾の予習復習・過去問題の演習で追われていました。

12月25日からの冬休み期間は、塾の受講時間を含めて平均7〜8時間/日の学習をしています。学習内容は、冬期講習の予習・復習の他に、各科目の総ざらい・過去問題などです。冬休みにはいってから、自分の不足の分野を補うために、総ざらいのために各教科1冊づつ、塾の教材より易しい内容の市販の教材をつかって学習をすすめています。(塾の先生に相談して選びました)

 

 

 

「各教科あと10点上乗せしよう」を合言葉に、家族一丸となって取り組んでいます。この4ヶ月の子どもの頑張りと「受かりたい」という心の叫びを聞いたからには、親としても悔いのないようにと、夫とも話しています。

 

1月2〜3日は塾のお休みでしたが、学習は変わらず進めました。今日も親子で7時間、家庭で学習しました。とにかく入試まで間に合わないので(爆)明日からは冬期講習会が再開するので、すこしホッとしています。

 

中学受験の入試初日まであと1週間。あとできることは何か?

2018年の冬に中学受験を控えている小6男児のお受験ママ・遠藤美華です。

 

本日、1月1日。新年あけましておめでとうございます。
いよいよ入試初日まで、残すところ8日。
31日〜1日の正月特訓終了しました。

 

母のサポートで各教科の点数を「あと10点上乗せしたい」 

これから母として私ができることは、各教科をあとプラス10点ずつ上乗せすること。そこを目標にしてサポートしていきます。

 

 

明日明後日は、冬期講習の中休み。塾のある日にはできない学習をことを目一杯やります。

 

この2日間も気晴らしは絶対必要なので、近所の友達とキャッチボールなどで遊ぶ時間も1時間半くらいはあげたいところです。食事もできるだけ、彼が好きなものも準備してあげたい。

 

 

1/2〜3(冬期講習の中休日)でやること

明日明後日の学習の予定の自分のための覚書です。

・正月特訓(31日〜1日)のテストから弱いところの洗い出しをし、各教科プラス10点を上乗せを目指す

 

・4日の冬期講習会の残り予習と復習(3日)

・理科のチェック項目の終了(〜5日)

・算数のコストパフォーマンスの良い単元を抑える4章分(2、3日)

・できる限りファイナルチェックをやりきる。6章分(2、3日)

・7日夜〜算数ファイナルチェック

・国語の長文読解を1日1題 (2、3日、冬期講習終了8日〜11日の8日間、10日を除く)

 

中学入試 国語の読解は「答え出しの技」で勝つ!(文芸社 早瀬律子著)を参照

・社会の総ざらい(8日〜11日の3日間、10日を除く)

・毎日9題の四則計算は欠かさず。

 

f:id:endomika:20180101222757p:plain

その後の学習予定

算数はこれまでの問題を見返してみる。

漢字も忘れないように。

地図帳のチェック・年表の確認

理科はこれまでのやってきた問題を振り返りながら総ざらい

社会の総ざらいは残った分は現地入りしてから。

計算は最後まで毎日やりぬく。

 

 

いくら時間があっても足りないくらいです。

 

 

 

30日の夜、受験生本人のウチの小6男児がつぶやいていました。
「お母さん、受かりたいよ!」

そうだよね。
ここまでやってきたんだから受かりたいよね。

 

私の同じ思いです。 

9月からの塾生活を開始。それまで受験全貌がわかっていなかった親ですから、ここに来てこうやってサポートする以外にないのです(爆)

頑張りますねー!

中学受験直前の冬期講習の受講を迷ったけれど

2018年1月2月に、中学受験を控えた男の子もママ・遠藤美華です。

 

受験対策塾への通塾は、9月から。4ヶ月の通塾を経て、現在、冬期講習を受講中。昼13時から19時半という休憩を挟むにしても6時間の長丁場です。夕方の軽食と水筒の準備を万全に、早めのお昼ご飯を食べさせて塾まで送ります。

31日〜1日の正月特訓も受講する予定です。バリバリ勉強の年末年始です(笑)

 

中学入試直前の冬期講習がはじまりました!

冬期講習2日目の夜のこと。

ウチの小6男児:「お母さん、これからの冬休みを考えると・・・・ね?わかるでしょ」

 

冬期講習でお休みがほぼないことを考えると、ドンよりしたんだと思います。

でも実はこの冬期講習会と正月特訓の受講を希望したのは本人でした。母の私は、冬期講習の受講を迷っていました。

 

 

塾は難関校のレベル最終確認の講習会にしているはずだから、中堅校を目指すウチの子にとっては、これまでよりさらに難しく感じるのではないか。それよりも、志望校のレベルにあった勉強を、私と一緒にしたほうがいいのではないのか。限られた時間の中ですから、そんなことも思っていました。

 

その時に相談すると、塾の担任は

塾の担任:「本人が(冬期講習を)受講したいと言っているし。お母様!受講させましょう」

と言われて、「まあ、そうだよな」と思いました。でも、正直、心の中ではまだ迷ってはいたのです。

 

なんだかうちの子、馬力がでてきたみたい。

受講費用の納入もおわっていたのですが、まだ考えていた私は、12月初旬、再度先生に聞いてみました。この特殊な中学受験算数を、この12月の時点で7割まで仕上げられていない本人の状況を伝えた上で、次の勉強の進め方を相談したときのことです。

 

私「(算数の進捗状況は)こんな状況ですし、冬期講習を受講しても難しく思うのではないかと・・・」

算数の先生「そうですね、確かに(本人は)難しく感じるかもしれません。でもこの時期にクラスの中で、一緒に勉強することが大事だと思います。算数については、授業でやった中からできそうな問題を復習して、一問でも多く解ける問題を増やしていきましょう」

 

そうなんだな。受験のプロの言うことだからその通りにしよう。と思いました。

 

f:id:endomika:20171228152709j:plain

 

 

冬期講習2日目に戻ってからのこと。そしてその意味がわかった出来事がありました。

 

 

 ウチの小6男児:「お母さん、僕さ、ゲームやりたいんだ〜。」

私:「やればいいじゃない。30分とか決めて、勉強してきたんだし、少しいいんじゃないかい?」

ウチの小6男児:「いやーでもね、みんなゲームなんてやってる気配がないのよ(笑)だから・・・できない・・・」

私「そうなんだー。でも誰か家ではきっとやっているんじゃないかな?やりたかったら、時間は自分で決めればいいんだから。やっていもいいんじゃないかい?」

 

 

そうなんです。受験生の中にいれば、受験生の空気の中で頑張れる。そのことがよくわかる会話でした。だから頑張れるんだな、って思ったのです。

 

昨日も、おとといも、塾から自宅に戻ってから、私の気になっている科目の仕上げの勉強もしています。

 

 

『馬力がでてきた。』
息子を見て、そんな印象を持ちました。

 

 

中学受験直前期の冬期講習は、私は行かせることにしてよかったな、と思います。

 

 

受験ってすごいものなのかも。

そんなことを考えていましたら、今朝こんな記事が目にとまりました。「えんとつ町のプペル」で絵本作家としても有名になった西野亮廣さんの連載です。

 

そう!受験ってすごいものなのかも。

 

 

ウチの小6男児が冬期講習に行っている間、時間があるので、これまで書きたかったお受験ママのブログ記事を書いていこうかな、と思っています。

中学入試初日まであと2週間。入学願書作成中!

2018年冬の中学受験を控えた子のお受験ママ・遠藤美華です。

中学入試初日まで、あと2週間となりました。昨日から冬期講習会がスタート。あいにくうちの小6男児は、喉が痛くて初日はお休みしました。

 

今日は中学受験の入学願書の話です。

 

第一志望校の入学願書はすでに作成し送付完了したものの、前受けの中学校・2月受験の第2志望校の願書は現在作成しています。

 

証明写真は自前で撮る?写真スタジオで撮る?

証明写真は自宅でデジタルカメラで撮影し、無料加工サイトで指定のサイズに切り取りました。背景は白い壁。明るさに注意しました。

 

小学校で書いてもらうものは早めにお願いしておく

第一志望校はインターネットでの願書提出でしたが、あとの2校は昔ながらの方法で記入し郵送します。小学校の先生にも記入していただかなかくてはならないものは、11月にはすでに学校に提出しておきました。

 

 

f:id:endomika:20171226163409j:plain

 

学校のHPから願書のほとんどはPDFでダウンロードできます。

 

入学検定料はいくらかかる?

入試検定料はだいたい一校につき1万円〜2万円程度です。銀行窓口で支払わなくてはならない場合は、営業時間中に行かなくてはなりませんので要注意です。

 

 

受験生本人が書くものはひと月前くらいから準備しておこう。

今回は志望動機など、子供が書かなくてはならないものがありましたので、時間を見て原稿用紙に書かせていました。

 

ここまでくるとドキドキしますね。勉強の仕上げは未だこれからというところです。

総復習に全力を挙げていきます。

算数に手応えが出てきました

遠藤美華です

最初の入試日まで30日をきりました。

小6の9月から受験対策塾へ通い始めて3ヶ月がすぎました。

 

11月の父母会からもひと月が経ちます。その時にいただいた算数の担当の先生のアドバイスの通り四則計算を毎日9問づつ解いて積み重ねた成果が、目に見えて出てきました。

 

 

模試の算数が入塾から自己ベストを更新しました。算数の計算問題だけでも、今回受験する中学校の点数配分は、1問4点で5問。100点中20点の配点になりますから、ここをケアレスミスなくクリアできるだけでも確実な得点につながることがわかりました。

 

 

算数な苦手な私も毎日息子といっしょに9問解いているうちに、正確さと速さが身についてきました。「お母さんも計算力がついたね!」とうちの小6男児に言われています(笑)今まで全然感じなかった算数の積み重ねだったのでうれしい。

 

 

第一希望校の過去問題集を解いてみると、うまくいけば6割、調子が悪いと5割いかないこともあるなかで、もう10点プラスしたいところ。もう10点プラスできれば、うまくいけば7割。調子が悪くても6割がとれるようになります。

 

 

f:id:endomika:20171217194043p:plain

うちの小6男児は、8月の夏期講習に行ったことをきっかけに、9月から受験対策塾にいくことになりました。夏期講習会の8日間は、塾では一番易しいコースででていた問題集がなかなか解けなかったのですが、いま問題を解き直していると、かなりスムーズに解けるようになっています。

 

 

5年生からこの環境で勉強してきた最難関校を目指すレベルの中で、机を並べて一緒に勉強することで、学ぶことはたくさんあったのだな、と感じました。

 

ですが、塾ででている算数の基本問題集を攻略するのにはまだ難易度は高く感じます。中堅校で、あと10点上げるために、塾の先生から今の彼の状態にあった市販の問題集を紹介してもらいました。早速購入しました。このひと月で、まずは1回転のチャレンジします。

 

間も無く直前の冬期講習もはじまります。