小学6年生からの中学受験までの道のり

小学校6年生から本格的な中学受験の準備をはじめた男の子の母が綴る日々の雑感と中学受験への道のり。2018年の1月が受験日です

中学受験で算数に困ったらYoutube動画を活用するのもあり

遠藤美華です。お受験ママ。
2018年1月に息子の中学受験を控えています。 

 

一番初めの中学受験の日まで、のこすところ1ヶ月半くらいです。

 

もともと行きたい学校以外は受験しないと決めているようで、「ダメだったら地元の中学で友達と楽しくやる!」といっていたウチの小6男児ですが、最近は「ここまで頑張ってきたんだから、やっぱり行きたいと思うようになった」と言うようになりました。

 

私も5年生くらいから意識して勉強に取り組んでいたものの、本格的に受験体制に入ったのはこの9月からですし「やるだけやろうぜ!」と言う感覚は自分の中での割り切りとして残してありますが、ウチの小6男児の勉強に取り組む姿勢の変化を見ていると「なんとか結果を出して欲しい」と思わずにいられません。

 

昨日の久々の祝日。塾もテストもない1日。「明日はゆっくり眠れるね。よかったね!」と話していたように、たっぷりと睡眠もとれたようす。こういう姿を見ると安心します。

 

f:id:endomika:20171124092455j:plain

 

雑感はこの辺りで、そろそろ記事タイトルの内容に・・・(笑)

この直前期は、通っている中学受験対策塾では少し前から算数の質問時間を設けてくれています。その時間は先生が教室にいてくれて、自由に質問をしてもいい。必須でないけれど、いつでも門戸は開いてくれています。

 

 

ウチの小6男児もその算数の質問教室に、先週はいくことができましたが、この先はちょっといくことはできない。そこで、少し前からわからない問題を解くのに、Youtube動画を取り入れることにしました。

 

 

これがなかなか面白いんです。わからない単元のキーワードをYoutubeの検索で入れてみるとたくさんの動画が出てきます。

 

 

いろいろな塾や、家庭教師、中学受験対策の講師の人たちが単元ごとに教えてくれているのです。おかげで昨晩も、ウチの小6男児と一緒に勉強していて悩んでいた算数の単元を一つ攻略することができました。

 

 

通っている中学受験対策塾でも、週ごとのテストの解説はいつも動画配信されているので、もしかして・・・とYoutubeで検索してみたらでてきました。いろいろな方々が動画をあげているので、お子さんにあった先生を見つけて動画を活用したり、塾や家庭教師を決めるのもありだな、と思いました。

 

 

 昨日参考にした動画はこれです。2014年に公開されている「朝日新聞社の出版・新コンテンツ部」から安浪京子さんの動画です。

 めちゃめちゃわかりやすい!

 56、92,140のそれぞれを同じ整数で割ったら、あまりが全て等しくなりました・・・みたいな算数の問題です。

 

中学入試直前!最後の塾の父母会へ

遠藤美華です。お受験ママ。
2018年冬に息子の中学受験を控えています。 

 

 

11月12日(日)受験対策塾で行われた受験前の最後の父母会が終了しました。受験生の親を対象にうちわだけの父母会ですから、アットホームで塾の先生方のホットな思いも聞かせていただきました。

 

「毎年、合格発表の日は、先生たちは電話の前でかじりついて待っています」という話には、「そりゃ、やっぱり塾の成果だもんね」と冷めた気持ちでしたが、話を聞いてみると、実はそうでもなかったようで(笑)先生方の熱き思いにほろりとしました。

 

 

「合格した子と喜び合いたいのはもちろんだけれど、一番話したいのは良い結果がでなかった子とたくさん話したい」と担当の先生の気持ちのこもった話は、ぐっと気持ちを持っていかれます。

 

 

9月に塾に入って以降、これまでにないくらい真剣に勉強してきているうちの小6男児を思うと、その頑張りに見合った結果が出て欲しいと願わずにいられません。

 

 

塾に通い始めて2ヶ月が過ぎ、のびしろマックスだったうちの小6男児ですが、(いまでものびしろだらけですが)少しづつ塾での勉強の仕方も要領を得てきました。予習に4時間かけていたのも2時間程度で収まるようになり、その他にも自宅学習すべき教材にも手が伸びるようになりました。親ばか全開ではありますが、すごい進歩だと思っています。

 

 

切羽詰まったこの時期だからこそのやる気なのかな、という気もしますが。それでもこの時期に塾というコンテンツがあってよかったなと、今は思っています。

 

 

父母会では、受験のプロの先生方からのお話で聞いた「受験直前でやった方がいこととやらない方がいいこと」が、とても為になりました。初めての受験、最初で最後の中学受験ですから、わかならいこともたくさんあります。親として心得ておくべきこともチェックできました。

 

 

f:id:endomika:20171116010908j:plain


 

父母会終了後に、気になっていた算数のことで先生を捕まえて、わが子のこれからの対策について相談しました。算数の先生と直接話したのは、実は初めてでしたが、私がいま一緒に子どもと勉強していて困っていること、悩んでいることを率直にお話してアドバイスを得ました。この11月〜12月上旬のわが子の算数の勉強計画をたてることができました。ふ〜・・・やるべきことが明確になってホッとしています。即日から、その計画を実行しています。

 

 

あと最初の入試日まであと2ヶ月となりました。塾に行きはじめてから2ヶ月。ちょうど折り返し地点まできたところです。

 

サポート頑張ります!

塾の先生に褒められて嬉しかったよ

 

遠藤美華です。お受験ママ。
2018年冬に息子の中学受験を控えています。

 

大阪への日帰り出張でした。ということで、この日はウチの小6男児の塾への送迎はオットにお任せです。

いつもは、塾の休み時間に食べる軽食(塾弁)と塾に到着するまでの時間に車の中で食べるおやつ、水筒を用意しておくのですが、この日はもちろんすべてオットにお任せ。後で聞いたら、コンビニで、塾弁もおやつも、飲み物も調達したようです。

 

大阪から戻り、自宅で遅い夕食の準備をしていると玄関のチャイムがなりました。駐車場へ車を止めに行くオットよりも先に、息子が帰ってきました。

 

「ただいま!」

塾から戻った日にしては、いつにない満面の笑みのわが子。なんだかこちらも嬉しくなってしまいます。ご機嫌で帰ってきました。

 

 

「お母さんもおかえり!」と笑顔で言われたので、私もうれしくて。笑顔は笑顔を呼びますね^^

 

私「今日は起きたら(私)朝いなかったでしょう?いなくて清々する!!とか思わなかった?」

 

息子「そうでもないよー(笑)」


そんなやり取りをしながら、かなり機嫌が良い様子なので、塾の様子を聞くことに。

「今日先生に褒められたさ^^肩をたたかれてさ、やるじゃん!って言ってもらってさ。うれしかったさ」

 

f:id:endomika:20171107123710j:plain

 

先日自宅で解いた受験校の過去問題集のノートを塾の先生に提出したらしい。いつもの復習テストや模試が散々なので(爆)その様子から比べると問題数が解けていて、正答数も多かったのでも、塾の先生からしたらびっくりだったのだ思うのだけれど(笑)

 

あの笑顔はよっぽど嬉しかったんだな、と思う。彼は、明らかに褒められて伸びるタイプです。ちなみに私は、劣等感から這い上がるタイプでした(爆)

 

帰りの車の中で、オットに息子が話していたのが
「算数の先生がとってもいいんだ。算数の時ははやく行きたいんだよね」

 

最難関校を目指す塾で、成績が振るわなくたって楽しく通えているのはすごいなと感心します。(塾に行き始めたのが9月だっていうのもありますが。)私のように劣等感から這い上がるタイプでは、ちょっと難しいかもしれないですよね。

 

 

帰ってきたとき玄関で見せてくれたあの笑顔、また見せてくれるといいな。

 

f:id:endomika:20171107124522j:plain


 

自宅での学習の様子〜中学受験対策塾への入塾から1ヶ月半

中学受験を来年に控えた小6男児のママ・遠藤美華です。

 

塾に行き始めたのは6年生のこの9月から。塾に通い始めてまもなく2ヶ月が終わろうとしています。

 

この2ヶ月のわが子の自宅での勉強の様子をすこしお伝えします。

塾のリズムは、授業が2教科づつで週2回。そして週1のテスト。

 

自宅学習は、初めのひと月は、塾以外の日は1日4時間ほどの自宅学習をこなしてきました。ひと月半がすぎても、だいたい3時間をかけています。

 

f:id:endomika:20171025130936j:plain

 

中学受験塾の課題と自宅学習スタイル

塾から週間の学習予定が、週のはじめに配信されます。

各教科ごとに

・今週の授業内容
・テストまでにやっておくこと(復習)
・次回授業までにやっておくこと(予習)

が提示されています。

 

毎日の課題は、かなりの分量です。一応、全部やるつもりで望むのですが、全部終わったためしがない。

 

  

中学受験のウチの小6男児との自宅学習スタイルは、親と一緒に勉強する形です。

 

 

各教科ごとの学習の様子

●算数と理科

私は理系は苦手です。算数も理科の物理などの計算問題がはいるとは私は全くてつだうことができません。だから一緒に机に座って、一緒に問題を解いています。

「わかんないなー」と二人でお手上げの時もあります。

 

入塾の時から塾の先生に言われているのが「半分は捨ててイイ」ということ。テキストは、最難関校まで対応できる内容ですから、「全部はできなくてもイイ」ということなのです。

 

ウチは中堅校クラスを受験校に選んでいます。正答率の高い問題をきちんと解けるようになることが大切だと指導されました。基本の問題を選んで、仕上げていくことに重点を置くようにしています。(そうできているかは、甚だ疑問だけど頑張っています・・・)

 

算数は受験特有の特殊な問題もたくさんあります。はじめから塾のテキストの例題を参考にします。本人も私も理解できない箇所はパス。下手に方程式とかは使わないほうがいいようです。

 

 

理科の生物や地学などの暗記が重要な部分は、授業内容に合わせて一つ一つを覚えていけるように鋭意努力中です!

 

●国語と社会

国語は、漢字と慣用句はできるかぎり完璧を目指したい。週テストや日常の小テストの慣用句、漢字には力を入れるようにしています。読解の出題については、長文を前にしても、たじろぐことがないように、普段からたくさんの問題に向かっていくことが大事だと私は考えています。文字制限のある書き抜きなどは、解く問題数で慣れてくることもあります。

 

社会は、暗記物ばかりです。一緒に問題を解き、わからない箇所は解答を見ながら知識としてインプットしていきます。息子と問題を一緒に解きながら、私の知っている情報や今起こっている事象、これまでの家族での経験と結びつけてみます。

例えば公民で言えば、ついこの間あった衆議院選挙に絡めて関連付けをしてみました。(覚えているのかは甚だ疑問だけど、印象には残るはず)

 

 

9月から中学受験対策塾へひと月半通わせての親の雑感

ひと月半続けてきて思うのは、もし塾に入らずに夏までの親子の学習リズムでいたら、中学受験でどこを受けても箸にも棒にもひっかかることはなかったな、と。塾に行くことで、受験に必要な学習の全容が見えてきたのは大きいな、と感じています。

 

テストの結果にはなかなかつながりませんが、確実に彼の頭の中の回路は広がりつつあり、多くのことをインプットできてるのは、一緒に勉強しているとわかります。入試日までに合格ラインまで無事に届くように、母と子のチャレンジは続きます。

 

 

こんなんで受験に間に合うの?という中学受験生のわが子の声

f:id:endomika:20171015115355j:plain



中学受験を来年に控えた小6男児のママ・遠藤美華です。受験対策塾に入塾してからひと月半が経過し、いよいよ最初の入試日まであと3ヶ月となりました。

「こんなんで受験には間に合うのかな?」

「こんなんで、受験に間に合うの?」うちの小6男児が、先日、私と一緒に算数の勉強をしながらささやきました。ちょっと泣き笑い気味のようす。

 

そうだよね。たしかに。 特に算数は、塾のテキストの難しい問題を前に「なんだーこれ!わかんないなー」と笑いながら自宅では私と勉強する日々なのだから。正直時に言えば、私だってそう思うよ。

 

受験日まであと3ヶ月だから、受験校に水準を合わせてできるだけ効率よく学習は進めるのがベストだよね。私も正答率の高い問題や過去問をチェックしているけれど、 受験校のレベルに焦点を合わせるためには、どんなに急いでも一つ一つ積み上げていくしかない。

 

週テストや全国模試は、受験当日を勝ち取るためのものだから、テスト範囲の中でできないものを焦らないで積み上げていく。それでもこの分量をみれば、到底全部できる時間がある訳ではないのもわかっている。

 

 限られた時間で効率よく学習するために

けれど、やっていくしかない。 塾で推奨されるテストを受けながら、自分の弱いところを把握して、そこを埋めていくのが近道かな、と思って、母も対策はしているつもり。昨日よりは今日と、少しづつでも確実に積み上げはできているから、それを励みにしていこうね。

 

今朝も塾のテストに送り出す道々で話たけれど、塾に入らなかったらこんなに勉強はしなかったと思うの。知らなかったことも、君はたくさん学んでいるのがわかる。塾の授業は難しいけれど楽しいみたいだし、学ぶことに意欲があるのは母としては安心しているの。

 

特に一緒に勉強していて楽しい社会科は、どんどん知識として覚えているのがわかるし!

 

欲張りな親子が選んだ道。一緒にやるだけやろう!

受験のためには、もう少し早く塾へ行かせてあげけばよかったと何度も思うけど、楽しい小学生時代をすごしたい、友達を遊ぶ時間もたくさんとりたい、とこの道を選んだ欲張りなのが私達親子だから、一緒にがんばろうね!あとのこり3ヶ月だけだけど。

 

 

間も無くテストが終わる時間だから迎えにいかなきゃ。 帰ったら少し休んで、夕方からは次の塾の日のために、予習をまたいっしょにやろうね。

 

 

中学受験の入試日まであと3ヶ月

中学受験を来年に控えた小6男児のママ・遠藤美華です。

 

受験対策塾に入塾してからひと月半が経過し、いよいよ最初の入試日まであと3ヶ月となった。

うちの小6男児は塾のないの日は、3時間超の自宅学習を日常的にこなしている。やりたいというより、やらなくてはならないことが山積みだからなのだけれど(笑)

昨晩の自宅学習の内容は

私が自宅にいるときは一緒に勉強をするスタイル。でも昨日は私が不在。戻ってから、丸つけやわからない箇所を一緒に勉強した。

 

昨晩の自宅学習は

・塾の判定テストに向けた授業の復習。算数と理科の問題の解き直し。講義のあった問題のみ。

・塾の判定テストに向けた授業の中ででたプリントの漢字のツメ→自学の仕方が身についてきた様子

・歯科の待ち時間に、一緒に社会の暗記事項を数問を確認

 

算数について思うのは、塾のレベルと受験校のレベル、うちの小6男児のレベルがバラバラ。全てを受験校レベルに合わせていくことが課題である。

 

「半分は捨てていい」の半分を探せ!

入塾当初から、塾の講師から言われているのは「半分は捨てていい。正答率の高い問題については、がっちりやろう」ということ。ウチの小6男児の受験校は、中堅クラスなので超難関校のレベルほどの難問は出題されないからだ。

 

f:id:endomika:20171013104610j:plain

 

ただ、いまの現状では、テストは正答率まで教えてもらえるけれど、自宅学習の塾教材からどの問題を選べばいいのかがはっきりしない。算数については、過去問の分析は夫に任せていたけれど、時間もないようだし(私も時間が足りないけれどーーー)自分で算数の問題を解いてみないとな、と思っている。今週末の課題にしよう。頑張ろう・・・塾の講師にも、算数でこれからできることを相談してみようと思っている。

暗記物は待ち時間や移動時間を利用してみることにする!

今日もウチの小6男児の歯科の待合室で、一緒に社会の暗記物をおさらいしていて思い出した。自分の高校の通学時代は通学時間を暗記物にフル活用していたのだった。暗記物って、環境を変えてやるのも効率が上がるような気がしている。

 

10月は東京、11月は大阪と学校見学会で移動や宿泊もする。まだ本人とは相談していないけれど、私の中では、その移動やちょっとした待ち時間を暗記する時間に当てることにしようと計画している。なにせ入試までの時間がないから。

 

合格に向けて受験対策塾をどう利用していくか

現在の塾と私たち親子の関係は、受験の情報を得る場所である。


ウチの小6男児にとっては、こんなスピード感のある勉強をする世界があり、こんなに勉強している同世代の子供がいることを知る機会。講師からは、知らなかった解き方を学ぶ。

 

私にとっては、見えていなかった中学受験の全貌を知り、これからどう進めていくか情報を得る場所である。

 

もう少し早く塾通いを始めていれば、勉強のリズムにも慣れていたかもしれない。

いまは、この時点でできる最大のことを悔いなくやっていくことに注力していくだけである。

塾には短い期間だけだけれど、がっちりお世話になろうと思う。

 

 

寒くなってきたし、そろそろインフルエンザワクチンの注射も打っておきたいころ。風の流行っているし。健康管理にも気をつけていこう。

塾を休みたい時の対応に悩む

中学受験を来年に控えた小6男児のママ・遠藤美華です。

 

今日は「塾に行きたくない」という息子への対処に悩んだ話。

 

行きたくない時、行かせる?休ませる?

小学6年生、この9月から通い始めた受験対策の塾。わずかトータル4ヶ月の塾通い。数えても授業のある日は32日しかありません。

 

どうしようかな・・・受験生の母としては、本当に悩む。

 

この日、学校の前で車を停めて待っていると、学校から出てきたうちの小6男児が私の顔を見てすぐに「今日は塾に行きたくない。振替授業にしたいんだけど」と相談される。

 

どうやら何か学校であったらしい。彼は、泣きはらした顔をしていたから。

 

しかし!!息子よ!
振替授業は、前もってしか受けられないのだよ!
それに急に変更はできないのだよ!

 

 

さあ、私。
母としては、どう判断する?
このわずか4ヶ月の短期勝負だから。体調も悪くないのに、塾を休ませることなんて考えたことは有りません。

「テストも含めてたった32回の塾だよね。9月が終わったらから、あとたった24回しかないよね。貴重な一回だから今日も行くよ!」

 

 

車に揺られて昼寝を始めた子を乗せて、塾の近くの駐車場で時間までそのまま寝かせておきましたが、時間になっても一向に起きる気配がなく・・・

 

 

私「本当に今日は塾はお休みするのかい?」
子「うん・・・だから振替に・・・」
私「そうか。じゃ今日はお休みにして、家で勉強しよう!」
子「うん。今日は〇〇と〇〇とやるわ〜」

と短いやり取りがあって、私はとりあえず塾へ欠席の連絡をいれることに。

 

休ませるのは、当然慎重になる・・・

正直、このときも私の葛藤は続いていました。
怒っても、お互いに感情的な言い合いになるのは目に見えている。

 

「今日は行きたくない」と言っている息子を、今日塾へ無理やり行かせるか。お休みさせるのか。長期なら休ませても良いけれど、何せ短期間勝負だからな・・・。

 

f:id:endomika:20171011144120j:plain

現金なもので、塾の前を出発して自宅へ向かうことにしたら、途端に元気になり目をさますウチの小6男児。まあ、今日は仕方がない。今日は、彼の好きなラーメンを食べてから自宅に戻ることにしよう、と決めた。

 

帰る道々彼に伝えたのは

・こうして過ごす時間が、受験生にはとても貴重な時間であること。
・受験生の持っている時間は平等だけど、それぞれで使い方がちがうんだよ。

ということ。覚えているかはわからないけれど^^;

 

帰って真剣に勉強していたから、時間の重みは少しは感じてくれたのかもしれない。

 

意外にも、子どもは塾は面白いと思っていた

今週のお題「お弁当」

今回のことで、ひとつわかったことがある。ウチの小6男児にとっての塾の捉え方である。自分で塾に行きたいと言って通い始めたとはいえ、塾なんて喜んで行きたいと思わないのではないかな、と思っていた。

 

でも聞いてみると「うん。行きたいと思ってるよ!」
そうなんだね。彼の話によると、授業は学校よりも抜群に面白いらしい(笑)

 

高校時代、非常勤講師できていた予備校の先生の授業が、面白かったことを思い出した。苦手な数学も、その先生の授業だとわかるのが不思議だった。

 

今日は久々の塾の日。これから塾弁とおやつを用意して、塾への送迎です。