小学6年生からの中学受験!札幌から首都圏中学に合格しました

小学6年生からの準備で首都圏の中学受験をして合格を果たしました。その経験から中学受験を控えた子を支える親のマインド、受験勉強の仕方などを公開します。地方から東京へ。現在寮生活中の息子です。

中学生の寮生活で寂しくなる時はいつ?

遠藤美華です。

 

東京での息子ノンノンの寮生活がはじまって、3ヶ月が過ぎました。
先ほど寮へ電話をしたら、いつもと違うトーンの低い声で電話に出てきたノンノン。

 

私「具合悪いの?」

ノンノン「なんでわかるの?」

私「そりゃ声でわかるわ。で、熱は?」

ノンノン「平熱より少し高いかな。具合悪くて、今日は1日寝てた。昼ごはんも食べ損ねた」

 

 

一応母親ですから、電話越しにでも声を聞けばわかります。
元気がない時の声は特に。

 

 

f:id:endomika:20180624225324j:plain

 

 

 

私「どうして風邪引いたと思う?」

ノンノン「たぶん寒かったんだと思う」

私「(4人部屋で)クーラーガンガンに効いているって言ってたから、首にタオルまいたりして暖かくして寝る工夫するのよ」

ノンノン「うん。やってるよ。大丈夫!」

 

 

どうやら、一緒に札幌で暮らしていた時に暖かく寝るための対処法を覚えているようです。

 

 

私「今何してたの?寝てたの?」

ノンノン「勉強してた。課題を終わらせたくて」

私「暖かくして早く寝なさい。試験前に入るし。よく常温の水を飲んでばい菌を外へ出すのよ!」

ノンノン「うん。」

私「おやすみ」

 

 

明日は、水とスポーツドリンクをネットスーパーに発注して届けてもらうことにしました。

 

 

 

中学生も高校生も、寮生が寂しさを感じる時は

・病気になった時
・成績が下がった時
・お腹が空いている時

と、聞いています。

 

 

元気で、お腹も満たして、勉強にも取り組んでいるいつものノンノンに
明日は回復していることを祈るばかりです。