小学6年生からの中学受験までの道のり

小学校6年生から本格的な中学受験の準備をはじめた男の子の母が綴る日々の雑感と中学受験への道のり。2018年の1月が受験日です

中学受験の入試初日まであと1週間。あとできることは何か?

2018年の冬に中学受験を控えている小6男児のお受験ママ・遠藤美華です。

 

本日、1月1日。新年あけましておめでとうございます。
いよいよ入試初日まで、残すところ8日。
31日〜1日の正月特訓終了しました。

 

母のサポートで各教科の点数を「あと10点上乗せしたい」 

これから母として私ができることは、各教科をあとプラス10点ずつ上乗せすること。そこを目標にしてサポートしていきます。

 

 

明日明後日は、冬期講習の中休み。塾のある日にはできない学習をことを目一杯やります。

 

この2日間も気晴らしは絶対必要なので、近所の友達とキャッチボールなどで遊ぶ時間も1時間半くらいはあげたいところです。食事もできるだけ、彼が好きなものも準備してあげたい。

 

 

1/2〜3(冬期講習の中休日)でやること

明日明後日の学習の予定の自分のための覚書です。

・正月特訓(31日〜1日)のテストから弱いところの洗い出しをし、各教科プラス10点を上乗せを目指す

 

・4日の冬期講習会の残り予習と復習(3日)

・理科のチェック項目の終了(〜5日)

・算数のコストパフォーマンスの良い単元を抑える4章分(2、3日)

・できる限りファイナルチェックをやりきる。6章分(2、3日)

・7日夜〜算数ファイナルチェック

・国語の長文読解を1日1題 (2、3日、冬期講習終了8日〜11日の8日間、10日を除く)

 

中学入試 国語の読解は「答え出しの技」で勝つ!(文芸社 早瀬律子著)を参照

・社会の総ざらい(8日〜11日の3日間、10日を除く)

・毎日9題の四則計算は欠かさず。

 

f:id:endomika:20180101222757p:plain

その後の学習予定

算数はこれまでの問題を見返してみる。

漢字も忘れないように。

地図帳のチェック・年表の確認

理科はこれまでのやってきた問題を振り返りながら総ざらい

社会の総ざらいは残った分は現地入りしてから。

計算は最後まで毎日やりぬく。

 

 

いくら時間があっても足りないくらいです。

 

 

 

30日の夜、受験生本人のウチの小6男児がつぶやいていました。
「お母さん、受かりたいよ!」

そうだよね。
ここまでやってきたんだから受かりたいよね。

 

私の同じ思いです。 

9月からの塾生活を開始。それまで受験全貌がわかっていなかった親ですから、ここに来てこうやってサポートする以外にないのです(爆)

頑張りますねー!

中学受験直前の冬期講習の受講を迷ったけれど

2018年1月2月に、中学受験を控えた男の子もママ・遠藤美華です。

 

受験対策塾への通塾は、9月から。4ヶ月の通塾を経て、現在、冬期講習を受講中。昼13時から19時半という休憩を挟むにしても6時間の長丁場です。夕方の軽食と水筒の準備を万全に、早めのお昼ご飯を食べさせて塾まで送ります。

31日〜1日の正月特訓も受講する予定です。バリバリ勉強の年末年始です(笑)

 

中学入試直前の冬期講習がはじまりました!

冬期講習2日目の夜のこと。

ウチの小6男児:「お母さん、これからの冬休みを考えると・・・・ね?わかるでしょ」

 

冬期講習でお休みがほぼないことを考えると、ドンよりしたんだと思います。

でも実はこの冬期講習会と正月特訓の受講を希望したのは本人でした。母の私は、冬期講習の受講を迷っていました。

 

 

塾は難関校のレベル最終確認の講習会にしているはずだから、中堅校を目指すウチの子にとっては、これまでよりさらに難しく感じるのではないか。それよりも、志望校のレベルにあった勉強を、私と一緒にしたほうがいいのではないのか。限られた時間の中ですから、そんなことも思っていました。

 

その時に相談すると、塾の担任は

塾の担任:「本人が(冬期講習を)受講したいと言っているし。お母様!受講させましょう」

と言われて、「まあ、そうだよな」と思いました。でも、正直、心の中ではまだ迷ってはいたのです。

 

なんだかうちの子、馬力がでてきたみたい。

受講費用の納入もおわっていたのですが、まだ考えていた私は、12月初旬、再度先生に聞いてみました。この特殊な中学受験算数を、この12月の時点で7割まで仕上げられていない本人の状況を伝えた上で、次の勉強の進め方を相談したときのことです。

 

私「(算数の進捗状況は)こんな状況ですし、冬期講習を受講しても難しく思うのではないかと・・・」

算数の先生「そうですね、確かに(本人は)難しく感じるかもしれません。でもこの時期にクラスの中で、一緒に勉強することが大事だと思います。算数については、授業でやった中からできそうな問題を復習して、一問でも多く解ける問題を増やしていきましょう」

 

そうなんだな。受験のプロの言うことだからその通りにしよう。と思いました。

 

f:id:endomika:20171228152709j:plain

 

 

冬期講習2日目に戻ってからのこと。そしてその意味がわかった出来事がありました。

 

 

 ウチの小6男児:「お母さん、僕さ、ゲームやりたいんだ〜。」

私:「やればいいじゃない。30分とか決めて、勉強してきたんだし、少しいいんじゃないかい?」

ウチの小6男児:「いやーでもね、みんなゲームなんてやってる気配がないのよ(笑)だから・・・できない・・・」

私「そうなんだー。でも誰か家ではきっとやっているんじゃないかな?やりたかったら、時間は自分で決めればいいんだから。やっていもいいんじゃないかい?」

 

 

そうなんです。受験生の中にいれば、受験生の空気の中で頑張れる。そのことがよくわかる会話でした。だから頑張れるんだな、って思ったのです。

 

昨日も、おとといも、塾から自宅に戻ってから、私の気になっている科目の仕上げの勉強もしています。

 

 

『馬力がでてきた。』
息子を見て、そんな印象を持ちました。

 

 

中学受験直前期の冬期講習は、私は行かせることにしてよかったな、と思います。

 

 

受験ってすごいものなのかも。

そんなことを考えていましたら、今朝こんな記事が目にとまりました。「えんとつ町のプペル」で絵本作家としても有名になった西野亮廣さんの連載です。

 

そう!受験ってすごいものなのかも。

 

 

ウチの小6男児が冬期講習に行っている間、時間があるので、これまで書きたかったお受験ママのブログ記事を書いていこうかな、と思っています。

中学入試初日まであと2週間。入学願書作成中!

2018年冬の中学受験を控えた子のお受験ママ・遠藤美華です。

中学入試初日まで、あと2週間となりました。昨日から冬期講習会がスタート。あいにくうちの小6男児は、喉が痛くて初日はお休みしました。

 

今日は中学受験の入学願書の話です。

 

第一志望校の入学願書はすでに作成し送付完了したものの、前受けの中学校・2月受験の第2志望校の願書は現在作成しています。

 

証明写真は自前で撮る?写真スタジオで撮る?

証明写真は自宅でデジタルカメラで撮影し、無料加工サイトで指定のサイズに切り取りました。背景は白い壁。明るさに注意しました。

 

小学校で書いてもらうものは早めにお願いしておく

第一志望校はインターネットでの願書提出でしたが、あとの2校は昔ながらの方法で記入し郵送します。小学校の先生にも記入していただかなかくてはならないものは、11月にはすでに学校に提出しておきました。

 

 

f:id:endomika:20171226163409j:plain

 

学校のHPから願書のほとんどはPDFでダウンロードできます。

 

入学検定料はいくらかかる?

入試検定料はだいたい一校につき1万円〜2万円程度です。銀行窓口で支払わなくてはならない場合は、営業時間中に行かなくてはなりませんので要注意です。

 

 

受験生本人が書くものはひと月前くらいから準備しておこう。

今回は志望動機など、子供が書かなくてはならないものがありましたので、時間を見て原稿用紙に書かせていました。

 

ここまでくるとドキドキしますね。勉強の仕上げは未だこれからというところです。

総復習に全力を挙げていきます。

算数に手応えが出てきました

遠藤美華です

最初の入試日まで30日をきりました。

小6の9月から受験対策塾へ通い始めて3ヶ月がすぎました。

 

11月の父母会からもひと月が経ちます。その時にいただいた算数の担当の先生のアドバイスの通り四則計算を毎日9問づつ解いて積み重ねた成果が、目に見えて出てきました。

 

 

模試の算数が入塾から自己ベストを更新しました。算数の計算問題だけでも、今回受験する中学校の点数配分は、1問4点で5問。100点中20点の配点になりますから、ここをケアレスミスなくクリアできるだけでも確実な得点につながることがわかりました。

 

 

算数な苦手な私も毎日息子といっしょに9問解いているうちに、正確さと速さが身についてきました。「お母さんも計算力がついたね!」とうちの小6男児に言われています(笑)今まで全然感じなかった算数の積み重ねだったのでうれしい。

 

 

第一希望校の過去問題集を解いてみると、うまくいけば6割、調子が悪いと5割いかないこともあるなかで、もう10点プラスしたいところ。もう10点プラスできれば、うまくいけば7割。調子が悪くても6割がとれるようになります。

 

 

f:id:endomika:20171217194043p:plain

うちの小6男児は、8月の夏期講習に行ったことをきっかけに、9月から受験対策塾にいくことになりました。夏期講習会の8日間は、塾では一番易しいコースででていた問題集がなかなか解けなかったのですが、いま問題を解き直していると、かなりスムーズに解けるようになっています。

 

 

5年生からこの環境で勉強してきた最難関校を目指すレベルの中で、机を並べて一緒に勉強することで、学ぶことはたくさんあったのだな、と感じました。

 

ですが、塾ででている算数の基本問題集を攻略するのにはまだ難易度は高く感じます。中堅校で、あと10点上げるために、塾の先生から今の彼の状態にあった市販の問題集を紹介してもらいました。早速購入しました。このひと月で、まずは1回転のチャレンジします。

 

間も無く直前の冬期講習もはじまります。

 

1ヶ月前にしてようやく中学受験の日を意識したらしい

遠藤美華です。

2018年1月14日に最初の中学受験入試日を迎えます。9月からの受験対策塾への通塾も最終章です。25日からは冬期講習。正月特訓も出ると決めました。

 

願書の写真を撮りました。もう受付始まっていますが、まだ書いてない。

第一志望の中学の願書は取り寄せたものの、まだ書いていません。早く出したほうがいいに決まっていますが、まだ本人が書く300文字ほどの志望動機が書けていなくて。

でもそろそろ本腰を入れて書かないと。「今週末には向き合って書かないとね。」とうちの小6男児と話しています。

 

願書に載せる写真は撮りました。自宅で私が撮ったものです。これでいいんだろうか・・・ちゃんとしたのをカメラマンにお願いして撮ったほうがいい??どうなんだろう・・・。いいかなと思っているんだけど。まずいかな。

 

1ヶ月前にしてようやく本人が受験日を意識するようになった

昨日のうちの小6男児とのやり取りです。

 

うちの小6男児「今日何日だっけ?」

母(私)「12月7日だよ!」

 

カレンダーを見ながら・・・

うちの小6男児「え?!もう直ぐ受験じゃん!こんなにもう直ぐだよね。来週からもっと勉強する!」

 

夫「今までもずっと勉強してきたよね」

うちの小6男児「でももっと勉強するから」

 

らしいです(爆)

 

f:id:endomika:20171208150639j:plain

来週は、教育相談週間で学校の授業は給食ありの4時間。みっちり勉強する決意はしているようです。

 

 

毎日やっている塾の「計算」の冊子ですが、なかなか答えが合わない。やっていくほどに自信をなくすそう・・・どうなることやら。

 

やるだけやろうぜ!と励ましあいながらですけれど、やるだけやるしかないからね。

 

中学受験対策塾とこどもの勉強のリズムをつかむまで3ヶ月かかりました

最初の中学受験日(入試日)も残り一月。

 

9月から通い始めた中学受験対策塾通いも、ここまで3ヶ月よくここまで頑張りました。5年生から塾で頑張っている他の生徒さんのなかで、自分をしっかりみつめ人と比較することなく頑張っていると思います。

 

自宅でも勉強をしてきました。
塾の予習復習のリズムもつかめてきて、何に力を入れていけばいいのかがようやくわかるようになったところ。 中学受験の全体像もうっすら見えてきました。



他の中学受験組の母からしたら、かなり遅いとは思いますが、 入試日一月前でここまでこれたことは、塾に行き始めた9月の時点ではまったくわからなかったことです。



一緒に塾の教材の予習復習を毎日しています。 私と息子の勉強している様子をすこし書いておきます。

 


受験算数は、私には全く教えることなんてできません。 一緒に計算問題を解いたり、解法を動画で探したり。 夫から言わせると、同級生が一緒に「あーでもない、こーでもない」って問題を解いてる感じだと言います(笑)

 

理科なんて、小中高で全く理解できなかった分野はまるまるわからなままと自覚しました(汗) 暗記物の多い生物や化学は比較的できた方ですが、太陽と月の関係や物理はからっきしダメ。 息子に笑われながら、教えてもらっています(笑)でもやっぱりわからないままです。

 

 

社会は一緒に学ぶ感じです。時事問題とか国会の仕組みはとっても勉強になります。

 

国語は得意だけど、教えることはありません(爆)漢字テストのチェックぐらいかな。

 

 

平日の勉強のリズムです。

息子の帰宅後は

17時〜18時半 第1ラウンド
ご飯休憩(私は食事作りなど)
20時〜21時半 第2ラウンド


こんなリズムがようやく出来上がってきました。


中学受験対策塾と生活リズム、勉強のスタイルをつかむのに3ヶ月かかりました。

あとひと月。母と子の凄まじい毎日ですが、うまく息抜きもしながらやっていきます。

 

12月初旬。この土日は、ちょっと疲れたのでゆったりすごすことにしました。

3ヶ月頑張ったご褒美と、のこり一月のラストスパートへのエネルギー補給です。

 

 

 f:id:endomika:20171203213612j:image

 

中学受験で算数に困ったらYoutube動画を活用するのもあり

遠藤美華です。お受験ママ。
2018年1月に息子の中学受験を控えています。 

 

一番初めの中学受験の日まで、のこすところ1ヶ月半くらいです。

 

もともと行きたい学校以外は受験しないと決めているようで、「ダメだったら地元の中学で友達と楽しくやる!」といっていたウチの小6男児ですが、最近は「ここまで頑張ってきたんだから、やっぱり行きたいと思うようになった」と言うようになりました。

 

私も5年生くらいから意識して勉強に取り組んでいたものの、本格的に受験体制に入ったのはこの9月からですし「やるだけやろうぜ!」と言う感覚は自分の中での割り切りとして残してありますが、ウチの小6男児の勉強に取り組む姿勢の変化を見ていると「なんとか結果を出して欲しい」と思わずにいられません。

 

昨日の久々の祝日。塾もテストもない1日。「明日はゆっくり眠れるね。よかったね!」と話していたように、たっぷりと睡眠もとれたようす。こういう姿を見ると安心します。

 

f:id:endomika:20171124092455j:plain

 

雑感はこの辺りで、そろそろ記事タイトルの内容に・・・(笑)

この直前期は、通っている中学受験対策塾では少し前から算数の質問時間を設けてくれています。その時間は先生が教室にいてくれて、自由に質問をしてもいい。必須でないけれど、いつでも門戸は開いてくれています。

 

 

ウチの小6男児もその算数の質問教室に、先週はいくことができましたが、この先はちょっといくことはできない。そこで、少し前からわからない問題を解くのに、Youtube動画を取り入れることにしました。

 

 

これがなかなか面白いんです。わからない単元のキーワードをYoutubeの検索で入れてみるとたくさんの動画が出てきます。

 

 

いろいろな塾や、家庭教師、中学受験対策の講師の人たちが単元ごとに教えてくれているのです。おかげで昨晩も、ウチの小6男児と一緒に勉強していて悩んでいた算数の単元を一つ攻略することができました。

 

 

通っている中学受験対策塾でも、週ごとのテストの解説はいつも動画配信されているので、もしかして・・・とYoutubeで検索してみたらでてきました。いろいろな方々が動画をあげているので、お子さんにあった先生を見つけて動画を活用したり、塾や家庭教師を決めるのもありだな、と思いました。

 

 

 昨日参考にした動画はこれです。2014年に公開されている「朝日新聞社の出版・新コンテンツ部」から安浪京子さんの動画です。

 めちゃめちゃわかりやすい!

 56、92,140のそれぞれを同じ整数で割ったら、あまりが全て等しくなりました・・・みたいな算数の問題です。