小学6年生からの中学受験までの道のり

小学校6年生から本格的な中学受験の準備をはじめた男の子の母が綴る日々の雑感と中学受験への道のり。2018年の1月が受験日です

中学入試直前!最後の塾の父母会へ

遠藤美華です。お受験ママ。
2018年冬に息子の中学受験を控えています。 

 

 

11月12日(日)受験対策塾で行われた受験前の最後の父母会が終了しました。受験生の親を対象にうちわだけの父母会ですから、アットホームで塾の先生方のホットな思いも聞かせていただきました。

 

「毎年、合格発表の日は、先生たちは電話の前でかじりついて待っています」という話には、「そりゃ、やっぱり塾の成果だもんね」と冷めた気持ちでしたが、話を聞いてみると、実はそうでもなかったようで(笑)先生方の熱き思いにほろりとしました。

 

 

「合格した子と喜び合いたいのはもちろんだけれど、一番話したいのは良い結果がでなかった子とたくさん話したい」と担当の先生の気持ちのこもった話は、ぐっと気持ちを持っていかれます。

 

 

9月に塾に入って以降、これまでにないくらい真剣に勉強してきているうちの小6男児を思うと、その頑張りに見合った結果が出て欲しいと願わずにいられません。

 

 

塾に通い始めて2ヶ月が過ぎ、のびしろマックスだったうちの小6男児ですが、(いまでものびしろだらけですが)少しづつ塾での勉強の仕方も要領を得てきました。予習に4時間かけていたのも2時間程度で収まるようになり、その他にも自宅学習すべき教材にも手が伸びるようになりました。親ばか全開ではありますが、すごい進歩だと思っています。

 

 

切羽詰まったこの時期だからこそのやる気なのかな、という気もしますが。それでもこの時期に塾というコンテンツがあってよかったなと、今は思っています。

 

 

父母会では、受験のプロの先生方からのお話で聞いた「受験直前でやった方がいこととやらない方がいいこと」が、とても為になりました。初めての受験、最初で最後の中学受験ですから、わかならいこともたくさんあります。親として心得ておくべきこともチェックできました。

 

 

f:id:endomika:20171116010908j:plain


 

父母会終了後に、気になっていた算数のことで先生を捕まえて、わが子のこれからの対策について相談しました。算数の先生と直接話したのは、実は初めてでしたが、私がいま一緒に子どもと勉強していて困っていること、悩んでいることを率直にお話してアドバイスを得ました。この11月〜12月上旬のわが子の算数の勉強計画をたてることができました。ふ〜・・・やるべきことが明確になってホッとしています。即日から、その計画を実行しています。

 

 

あと最初の入試日まであと2ヶ月となりました。塾に行きはじめてから2ヶ月。ちょうど折り返し地点まできたところです。

 

サポート頑張ります!