小学6年生からの中学受験!札幌から首都圏中学に合格しました

小学6年生からの準備で首都圏の中学受験をして合格を果たしました。その経験から中学受験を控えた子を支える親のマインド、受験勉強の仕方などを公開します。地方から東京へ。現在寮生活中の息子です。

中学受験で長文読解を攻略するのにやったこと

f:id:endomika:20171124092455j:plain


中学受験で、国語の読解力は課題ですよね。今から本をたくさん読ませる時間はないし、どうしたら点数が取れるようになるのか、かなり悩んだのを思い出します。

 

愛用のMacのストレージがいっぱいになってしまって、ファイルの整理をしていたら、子供が中学受験をした時のメモが出てきたので、削除する前にシェアしようと思います。どなたかのお役に立てればいいな、と思います。

 

中学受験の国語の読解で点数が取れない息子へ、読解の勉強をするときに毎回確認して取り組ませた確認事項です。

 

受験直前期の12月ころから国語の読解で選んだ教材は、受験校の過去問題にしました。答案もコピーをして受験さながらに取り組んだのを思い出しました。

 

役に立ったかどうかはわかりませんが、意識して読解問題を解くにはいい目安になりました。

 

======以下メモです。

まずやること

「ジャンル別問題文の読み方テクニック」を読んで、ジャンル別に読み方のコツをあらかじめ掴んでおく

 

長文読解の手順

1.問題文を一読する

 

毎回、「ジャンル別問題文の読み方テクニック」を読んでから問題文に取り組む。

 

・どのあたりに「どんなことが書かれているのか」

・どんな関係で段落同士が関係しているのか

 

※正しく読むことを意識する

 

 

2.設問文を読む

心の中で音読し、重要な箇所に線を引く

※ 必ず毎回問題に取り組む前に「設問の読み方テクニック(P89~)」は目を通す

 

 

3.設問文を読んだら、もう一度問題文に戻る

どのあたりにその設問の手がかりがあるのかを探し出す

 

4.答え合わせをする

赤ペンでマルバツ

 

5.ミスをした設問の復習をする

・青ペンを用意する

・間違った部分は、消さない。

・間違った部分を解き直す。鉛筆は使わず、青ペンで。文法的な誤り、誤字脱字に注意。

・解き直した自分の回答と、模範解答を比較。内容を理解していく。

・解き直して正答できなかった場合は、自分の回答の隣に、赤ペンで模範解答をそのまま読みやすく書いておく。

 

 

6.読解問題を行ったら、その日のうちに学習した問題文を3回読み直す

一回目→ゆっくりと心の中で音読しながら問題文の内容を頭に入れる

2回目→速読をする意識でスピードをつけて読む

3回目→一回目の半分のスピードで読む

 

 

 

 

「ジャンル別問題文の読み方テクニック」というのは、おそらく〈中学入試〉国語の読解は「答え探しの技」で勝つ! 国語を味方の教科にして受験を制覇しよう! [ 早瀬律子 ]

の中にあった章立てのどこかにあったのだと思います。

 

もしかしたら、本の内容の抜粋かもしれないので(記憶にない・・・)「引用タグ」に入れておきます。もう手元に本がないので未確認のまま公開しています。