小学6年生からの中学受験までの道のり

小学校6年生から本格的な中学受験の準備をはじめた男の子の母が綴る日々の雑感と中学受験への道のり。2018年の1月が受験日です

塾を休みたい時の対応に悩む

中学受験を来年に控えた小6男児のママ・遠藤美華です。

 

今日は「塾に行きたくない」という息子への対処に悩んだ話。

 

行きたくない時、行かせる?休ませる?

小学6年生、この9月から通い始めた受験対策の塾。わずかトータル4ヶ月の塾通い。数えても授業のある日は32日しかありません。

 

どうしようかな・・・受験生の母としては、本当に悩む。

 

この日、学校の前で車を停めて待っていると、学校から出てきたうちの小6男児が私の顔を見てすぐに「今日は塾に行きたくない。振替授業にしたいんだけど」と相談される。

 

どうやら何か学校であったらしい。彼は、泣きはらした顔をしていたから。

 

しかし!!息子よ!
振替授業は、前もってしか受けられないのだよ!
それに急に変更はできないのだよ!

 

 

さあ、私。
母としては、どう判断する?
このわずか4ヶ月の短期勝負だから。体調も悪くないのに、塾を休ませることなんて考えたことは有りません。

「テストも含めてたった32回の塾だよね。9月が終わったらから、あとたった24回しかないよね。貴重な一回だから今日も行くよ!」

 

 

車に揺られて昼寝を始めた子を乗せて、塾の近くの駐車場で時間までそのまま寝かせておきましたが、時間になっても一向に起きる気配がなく・・・

 

 

私「本当に今日は塾はお休みするのかい?」
子「うん・・・だから振替に・・・」
私「そうか。じゃ今日はお休みにして、家で勉強しよう!」
子「うん。今日は〇〇と〇〇とやるわ〜」

と短いやり取りがあって、私はとりあえず塾へ欠席の連絡をいれることに。

 

休ませるのは、当然慎重になる・・・

正直、このときも私の葛藤は続いていました。
怒っても、お互いに感情的な言い合いになるのは目に見えている。

 

「今日は行きたくない」と言っている息子を、今日塾へ無理やり行かせるか。お休みさせるのか。長期なら休ませても良いけれど、何せ短期間勝負だからな・・・。

 

f:id:endomika:20171011144120j:plain

現金なもので、塾の前を出発して自宅へ向かうことにしたら、途端に元気になり目をさますウチの小6男児。まあ、今日は仕方がない。今日は、彼の好きなラーメンを食べてから自宅に戻ることにしよう、と決めた。

 

帰る道々彼に伝えたのは

・こうして過ごす時間が、受験生にはとても貴重な時間であること。
・受験生の持っている時間は平等だけど、それぞれで使い方がちがうんだよ。

ということ。覚えているかはわからないけれど^^;

 

帰って真剣に勉強していたから、時間の重みは少しは感じてくれたのかもしれない。

 

意外にも、子どもは塾は面白いと思っていた

今週のお題「お弁当」

今回のことで、ひとつわかったことがある。ウチの小6男児にとっての塾の捉え方である。自分で塾に行きたいと言って通い始めたとはいえ、塾なんて喜んで行きたいと思わないのではないかな、と思っていた。

 

でも聞いてみると「うん。行きたいと思ってるよ!」
そうなんだね。彼の話によると、授業は学校よりも抜群に面白いらしい(笑)

 

高校時代、非常勤講師できていた予備校の先生の授業が、面白かったことを思い出した。苦手な数学も、その先生の授業だとわかるのが不思議だった。

 

今日は久々の塾の日。これから塾弁とおやつを用意して、塾への送迎です。